ごあいさつ

わたしの決意

八女で生まれ八女で育った私は、夫・野田国義の
裏方として、今日までひたすら走り続けて参りました。二人の子どもを育てながら政治活動を支えた22年間は、様々なことに悩み苦しんだ日々でしたが、八女地域の課題について勉強させて頂いた貴重な時間でもありました。
 子育て支援や介護支援の必要性、また教育や医療の
充実など、地域の課題は山積しています。そうした現実の影響を直接受けるのは、やはり子育てや介護の最前線にいる女性です。しかし、今、福岡県での女性県議は
未だ5パーセントに満たない状況で、女性の視点からの発言は活かされないままです。 社会のひずみに敏感な女性の声を、もっともっと政治に反映していきたい!
あくまでも裏方として生きてきた私でしたが、女性や
子どもに光が届く県政の実現を願って、今回挑戦する
決意を致しました。
八女・広川のみなさまの具体的な声を県政に届ける
架け橋になれるよう、一生懸命努力して参ります。

のだとしこ挨拶

野田稔子(のだとしこ)サイン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成13年1月 野田国義八女市長選挙3期目当選お礼挨拶様子