わたしの政策

policy-top

 

のだとしこ

いつまでも暮らせる

まずは八女・広川から

福岡の実現

  • 若い世代が、安心して出産・育児できる生活環境づくりを推進したい。
  • 介護、医療、福祉の更なる充実をはかり、お年寄りも、障がいを持っている人も、安心して暮らせる支援策を充実させたい。
  • 地域の安全をみなさまと考え、再構し、女性や子どもたちへの悪質な犯罪を未然に防ぐ施策や空き家問題への対策を拡充したい。
  • 平和は与えられるものではなく、つくっていくものです。真の平和の実現のため、人権侵害・格差問題・子どもの貧困対策などにも積極的に取り組み、平和の尊さをみなさんと考えていく場を増やせる施策を推進していきたい。

いつまでも働ける

まずは八女・広川から

福岡の実現

  • 福岡の農林漁業を支援し、特に高級茶で知られる八女茶をはじめとして、電照菊や果樹、野菜などの多彩な農産物のブランド化を振興したい。
  • 福岡の産業の支援策をもっと充実させ、地域で頑張る中小零細企業を応援し、商店街の再生支援など、みなさまの「しごと」の安定確保を図りたい。
  • 「しごと」と子育ての両立が出来る職場環境への支援策を労使ともに応援したい。
  • 地域の自然資源を有効活用し、木質バイオマスや水力発電などのクリーンエネルギーを促進する施策を拡充したい。

みんなでつながる

小川洋 福岡県知事と握手

小川洋 福岡県知事としっかり握手
「八女・広川の発展」を目指します!

まずは八女・広川から

福岡の実現

  • 地産地消こそが地域経済の原点です。安全な食材をもっと給食などに取り入れて、郷土愛を育む施策を支援したい。
  • 誇りある地域の歴史と文化を効果的なPRで紹介し、住む人ひとりひとりが地域の語り部となり、「八女福島の町並み」などの地域観光資源と経済を結びつけた活性化策を充実させたい。
  • 日本人としての誇りを持ち、心豊かな子どもたちへと育ってもらうための教育をもっと充実させ、頑張っている家庭や学校教育の現場に対しては、更なる支援策を打ち出していきたい。
  • 自立し、共に支えあう社会を目指して、男女共同参画を推進していきたい。

 

 

 

 

野田稔子広報

↑画像をクリックで拡大