活動報告

REPORT

のだとしこ 県政レポート 2017年 新春号

2017年2月8日

【最終】野田新聞新春号-ol-002
【最終】野田新聞新春号-ol-001

【野田稔子のこれまでの質問】 ※定例会及び予算・決算委員会にて

2016年11月1日


野田稔子のこれまでの質問

●本会議の録画映像をご覧いただけます。 ⇒「平成28年9月定例会9月27日 一般質問 本県の学校現場における教育環境の整備について

 

 

のだとしこ 県政レポート 2016年新春号

2016年2月1日

県政レポート16新春号-001

 

県政レポート16新春号-002

八女市・広川町にお住まいの皆様に
お届け致しました。

のだとしこ 県政レポート 2015年冬季号

2015年12月31日

県政レポート15冬④-001

 

県政レポート15冬④-002

12月定例一般質問にて知事に質問致しました!

2015年12月10日

12373413_1491749207797339_1648141599038686488_n

自席から手を挙げ「議長」と声を発し
質問の旨をアピールします

 

 

12月10日、福岡県議会12月定例会一般質問で、

本県農業における新規就農者及び女性農業者対策について、知事に質問致しました!

 


11/27に公表されました「2015年農林業センサス」を見ると、全国的に農業就業人口が減り、

高齢化も進んでいることがわかりました!

 

 

福岡県の農業就業人口は5年前に比べ16.4%減の56,950人、平均年齢は65歳でした。

…若い世代の新規就農者・女性農業者の確保・育成に力を入れていくことが極めて重要

であると考えます!

 


更に、女性農業者対策への「要望」として、

これまでの女性農業者が農業に従事する傍ら「嫁」「主婦」「姑」と生き抜き、残す不動産(農地)ひとつなく、死んでいった事実を話し、女性農業者の地位を向上させる為には、

なんといっても「農村社会」「男社会」の意識変革に知事が先頭に立ち、取り組んで頂きたいと要望しました。

 

12345534_1491749221130671_4212115050042847721_n

決算委員会にて質問しました!

2015年11月6日

 

10/27(火)から始まった決算委員会が今日で終わりました!

「決算委員」として初参加し、多くのことを学びました。

 

 

10/29(木)「農地バンクについて」は「機能していない」という、

地元の方々の声とTPPが大筋合意をしたことを踏まえ質問しました。

 


11/2(月)「福岡県学力調査いわゆる本県独自学力テストについて」では必要性を問い、

教師が子どもたちに向き合う時間の確保と少人数学級の実現を要望しました。

 


11/4(水)「伝統工芸の支援と次世代への継承について」では

本県の「巧みの技」が海外の安価な品々に価格面で圧されていること、

後継者育成など現状と支援を質しました。


次世代への継承は福岡県に対する誇りや愛情を育むという意義や価値があると考えると

義務教育課長から考えを伺いました。


また、県庁11階に本年4月にオープンした物産観光展示室「福岡よかもんひろば」を

各市町村教育委員会や小学校への周知に努めてまいる…と御答弁頂きました!

 

「伝統工芸、巧みの技の復活」は「地方再生」に繋がると述べさせて頂き、

伝統工芸への更なる振興を要望しました。

 

 

12191055_1483857701919823_8930169956126245473_n

のだとしこ 県政レポート 2015年夏季号③

2015年9月7日

県政レポート15夏③5-001

 

県政レポート15夏③5-002

のだとしこ 県政レポート 2015年夏季号②

2015年9月1日

県政レポート15夏② -001

 

県政レポート15夏② -002

県議会本会議 一般質問 
「女性が活躍できる」本県施策について 知事に質問。

2015年7月1日

DSC_6159

 

7月1日、県議会本会議にて初めての一般質問を行いました。

 

福岡県民として「ふるさと」を愛し、福岡の発展と県民の豊かな暮らしを願って、

まだまだ数少ない女性議員の一人として質問致しました。

 

県政に携わる立場となったいま、福岡県の現状をよく見て、よく考え、問題点を整理し、

10年先、30年先も理想の福岡を描き、そのために「今、何をすべきか」を基本理念とし、県民の誰もが安心して暮らせる地域をしっかりと創り上げていきたいと考えております。

 

八女・広川地域をはじめとして、さらなる福岡県の発展のため、県民一人ひとりが幸福を

実感できる「県民幸福度日本一」を目指し、誠心誠意努力して参ります。

 


ー主な質問項目ー

①「男女共同参画社会に関する県民意識調査」の結果をふまえた、県としての「男女共同

参画社会づくり」推進について。

②男女共同参画社会の「拠点づくり」に関し、県の拠点施設『あすばる』が現在県民向けに

行なっている事業について。各市町村の男女共同参画センターとの連携・支援について。

③本県の女性職員の管理職等登用の為の労働環境整備・人材育成の取り組みについて。

目標達成を踏まえた、新たな目標設定に向けた知事の考えについて。

④女性活躍推進に向けた小川知事の決意について。



最後に、政府が設定した「2020年までに社会のあらゆる領域において指導的立場にある女性の割合を30%とする」という目標の達成を他の都道府県に先駆け、小川知事の手で

達成されることを要望しました。


本会議の模様は、県議会中継よりご覧いただけます。⇒県議会中継

のだとしこ 県政レポート 2015年夏季号

2015年7月1日

県政レポート15夏(予算追記) -001

 

県政レポート15夏(予算追記) -002